HOME > 商品紹介 > 昆布



昆布に削り節を入れると、グルタミン酸とイノシン酸の相乗効果で、飛躍的にうま味が増すと言われています。淡口醤油などのうま味(グルタミン酸)の少ない醤油を使う場合には、特におすすめします。
弊社では、「にごりの少ない利尻昆布」、「うま味の強いラウス昆布」、「くせのない真昆布」、「だしと食べるため兼用の日高昆布」を中心に取り揃えてあります。使用目的に合わせてお選び下さい。


 
ラウス昆布

うま味成分であるグルタミン酸の量が他の昆布に比べると圧倒的に多く甘みのある昆布です。うま味と甘みを求める方には最適の昆布です。知床半島の豊富な水が、切り立った山より直接流れ、海の塩分を少なくして甘みのある昆布に成長します。

※ グルタミン酸の含有量 4690mg/100g(社)日本昆布協会資料より
利尻昆布

非常にだしの透明度が高い昆布(島もの)で、だしをよりクリアにとりたい関東の飲食店様には使い易い昆布です。とれる場所は礼文島、利尻島と稚内です。礼文島の香深が一番良い浜とされています。利尻島は火山灰でできており、雨水は全て吸収され、海の中から噴出します。昆布の採れる海岸部は塩分濃度が高く、塩味のある昆布が育つと言われています。

※ グルタミン酸の含有量 1840mg/100g(社)日本昆布協会資料より
日高昆布

食べるための昆布としてとダシとりのための両方を求められる方には最適です。日高山系から牧草地を通って豊富な養分が川に流れ、遠浅の海に濃口の味の昆布が育ちます。

※ グルタミン酸の含有量 970mg/100g(社)日本昆布協会資料より

真昆布

南茅部地区で採れる白口浜の真昆布は、まろやかで上品な味わいで古くから天皇家に献上されるなど品質の高い昆布です。

※ グルタミン酸の含有量 1500mg/100g(社)日本昆布協会資料より
 
中国昆布

見た目も立派で幅広、肉厚です。コストパフォーマンスが良いので価格を抑えたい方にはおすすめです。
ラウス昆布(耳)

ラウス昆布を整形する時に出る薄めの赤葉の部分です。ラウス昆布なので耳といえどもうま味は濃いです。
ラウス鬼コンブ

昆布を整形せずに(耳もついている)ざっくりと切ってあります。手間をはぶいてある分、値頃感のある昆布です。



利尻昆布(耳)
利尻昆布を整形する時にでた薄めの耳の部分です。
日高根昆布

日高昆布の根っこ(付け根)の部分です。昆布の成長の起点となる部分で昆布の中で一番肉厚な部分で栄養価が高くダシとしても良いですが少し粘りが出ます。



とろろ昆布

そば、うどん等のトッピングとしてお使い下さい。