まるしん 削り節
丸眞 株式会社
 
HOME
丸眞のかつおぶしについて
商品紹介
関連リンク集
お客様レポート
HOME > 商品紹介 > 薄削り
 

薄削りは“サッと”、短時間で雑味を出さずに、うま味や香りをとりたい(抽出したい)時に有効です。その点、長時間煮出し、パンチのある濃厚なだし汁がとれる厚削りとは対象的です。
通常、カビ付けをした枯節は使わず、荒節や裸節を使用します。弊社では鰹に関しては本枯節の薄削りもご用意しております。
だしとり用の薄削りはトッピング用よりも少し厚めに削っております。
 
花かつお
花かつお(血合抜)
まぐろ薄削り
花かつお(鰹薄削り

原料としてカビ付けをしていない鰹荒本節とカビ付けした鰹本枯節のものをご用意してあります。グレードも数ランクございますのでお問い合わせ下さい。
花かつお、血合抜(鰹薄削り)

原料として鰹荒本節の極上ものを使用しております。その原料の血合部と表面のタール部分を取り除いたものを使っておりますので、色が薄く、他の素材を邪魔しない上品なダシがとれます。
まぐろ薄削り

原料としてキハダマグロの子ども(キメジ)の鮪荒本節を使用しております。その原料の血合部分と表面のタール部分を取り除いたものと使っておりますので、鰹に比べても色がより薄く他の素材を邪魔しない上品なダシ汁が取れます。